3つの流れ/3つの新駅

 

九州新幹線 新水俣駅     2004

一般の方への主旨説明

 

さざなみの駅―――シンプルなのに、多様な


豊かで美しい海は、この地、水俣の財産といえます。
その海の漣(さざなみ)をイメージして、この駅は発想されました。
漣は単純な波の繰り返しなのに、けして単調ではなく、変化があっていつまでも見飽きません。
その理由のひとつは、ひとつひとつの波の大きさや向きが違っていて、同じものの繰り返しではないためではないでしょうか。
そこでこの駅も、少しづつ角度や長さの違う短冊のようなユニットピースが集まってできています。

この短冊は波のようには動きませんが、光の反射角度が違うため、それぞれの面の明るさに変化が生まれます。
そして季節や時間の移り変わりによって見え方が変わっていきます。
そのため、この駅はシンプルなユニットできている建築ですが、天候や時刻によって多様なイメージを発生します。
これは、「原理は単純なのに結果は多様」という、「自然」に学んだ仕組みなのです。

 


光と風の駅――――「環境の市」の駅として


この建築では壁と天井という区別はなく、駅全体がこの「さざなみ」で包まれています。
そのさざなみの間から、プラットホームに光が降り注ぎます。
晴れた日には、陽の射す林の中に立ったときのような印象になるでしょう。
高さ13mの天井の広がりのある空間に、自然の光をできるだけとり入れて、明るいプラットホームにしています。

そして、さざなみの間からは、光とともに風が通ります。
ホームを壁で閉じない構成にして、自然の風を感じられるようにしました。
時には雨も少しかかりますが、それも自然の一部なのです。
風が吹き抜ける、その目線の先では、さざなみの間から外の緑が見え隠れします。
こうした自然から学ぶ考え方は、環境を大切にする水俣市の基本姿勢と呼応したものです。

 


運動感―――――エモーショナルな


ユニットピースの短冊は、軌道上空を走ってきてここで出会った、というような構成になっています。
そのため駅全体が、箱が地面に置いてあるのとは違う、運動するイメージを生じます。
そのように、気分を高めるような働きもまた、建築が果たす役割のひとつと思います。
さらに、切り揃えていない端部は、この駅が将来につながることを意味し、「時間の動き」も表現しています。

 


駅から街へ――――これからの街づくりに


新幹線の駅は街の核となる大事な施設ですが、駅を利用するには駅本体のほかに、駅前広場や駐車場、そして在来線の駅が必要です。
それらの施設の間に調和と統一感があることが、街づくりには大切です。
そこで新水俣駅と、駅広の舗装やシェルタ、そして肥薩おれんじ鉄道の駅シェルタとの間に、統一感を持たせられるように関係者と話し合って、デザイン上の理解と協力が行われました。
今後、駅前の民間施設等の間でもこうした景観調整が行われていけば、水俣市の街づくりにさらに寄与することでしょう。

 


設備、照明、ファニチャ――――気持ちよく、そして楽しく


新幹線駅全体に共通するユニバーサルデザインの基準に基づいて、エレベータやエスカレータ、多機能トイレ等が設置されています。
プラットホームの証明は街灯のような柱付で、街のストリートのような雰囲気にして、閉じていない内部、という考え方と合わせています。
また、コンコースの「クラスター照明」は、シンプルな方法で多様な効果を出すという、駅全体のコンセプトと呼応します。
そして木製のベンチも同様に、駅のデザインと関係したものになっています。

 

 

 

movie

 


 


「新水俣駅」の設計主旨について、もう少し専門的な説明もあります。
main page に戻って選択してください

 

 

 

 

 

 

 

 

  肥薩おれんじ鉄道
  新水俣駅(在来線)

デザインディレクション