建築は、柔らかい科学に近づく

 

建築は、柔らかい科学に近づく 本 アルゴリズミック・デザイン INDUCTION DESIGN 誘導都市 渡辺 誠/アーキテクツ オフィス


建築は、柔らかい科学に近づく 本 アルゴリズミック・デザイン INDUCTION DESIGN 誘導都市 渡辺 誠/アーキテクツ オフィス

論文+作品

著:渡辺 誠

建築資料研究社 2002年刊

 

内容の一部:

インダクション デザイン  進化設計/ED
                           本書 前書き より

この本は、研究プロジェクト「誘導都市」と、その実施版である「飯田橋駅」を中心に、現段階の状況をまとめたものである。

「誘導都市」は、都市/建築に対する、これまでの設計とは異なる新しい設計の「概念と方法」の探究、そしてその実践である。
それは、現在の設計のように「線を決める」のではなく、「条件と意図から」建築を「生成」しようとするものだ。「GD」(Computer Generated Design)の誕生。
それには、新しいコンピュータプログラムが必要となる。
したがって「誘導都市」は、コンピュータとひととのコラボレーションのあり方を探るものでもある。
テクノロジの礼賛ではなく、忌避でもなく、ひととコンピュータの新しい関係を見つけること。

それはまた、建築設計を「科学」に近づける試みでもある。
そこでの科学は、従来のものではなく「複雑系」と呼ばれるものに近い。
そしてこうした試みの背後には、「生きている」と形容される都市や建築と、生物のしくみとの、示唆的な関係がある。
その点で「誘導都市」の方法「ID」(Induction Design)は、「進化設計/ED」(Evolutionary Design)と呼ぶこともできる。
もちろん「誘導都市」は、他のジャンルで開発された思想や方法を建築に借用しようというものではない。
あくまで「建築/都市」を考え、つくろうとする、その行為の内側から生み出されてきた。

本書の全体は、新たに書いたユニットと、すでに発表した文を変性/組み替えしたユニットの、合成である。過去の発表文も、過去のままのものはない。どこかが変化している。
固定されてしまった完成品ではない、生きて変化するもの。

生きものの遺伝子も一気に全体が書かれたのではない。
遺伝子を構成する各ユニットが、長い時間の中で記述され、変異し、組み替えられ、転移し、その結果として現在の情報セット(=ゲノム)に到達した。
この本の各ユニットも、それと同様なしくみを経て成立している。そのため、一部に記述の重複がある。
DNAにも重複があるように、冗長性は、生体系を補強する特質である。ひとつの機能を得るために複数の回路を用意しておく生体的冗長性は、多様性を保証するための鍵だ。
また、各ユニットは、目的に向かって一列に並んでいるのではない。
染色体上のDNAのように、あるところでは並列に、またあるところでは順を入れ替えて配置されている。

ヒトのからだをつくる現在のゲノムも、種としてのヒトの完成版の設計図ではない。
現在から将来へ、引き続き書き換えられていくだろう。
この本の構成ユニットもまた同様に、これからも組み替えられていくであろうその過程の、いまの切片である。

ただ、その切片を陽にかざしてみれば、今までは見えなかった、きらめく光彩が透けて見えるかもしれない。 

 

 

壮大なアナリシス・バイ・シンセシス

合原一幸 (東京大学教授新領域創生科学/複雑理工学)  
                            
本書 扉より

脳やゲノムといった複雑な生命システムの解明は、21世紀科学の主要な研究テーマである。
これらの生命システムは、多数のさまざまな要素が複雑なネットワークを成して動作することによって高度な機能を生み出しているため、その性質を各要素に還元して理解することや全体の統計的な平均量で理解することは不可能である。そこで注目されているのが、工学分野で開発されてきた手法「アナリシス・バイ・シンセシス」、すなわちシステムを人工的に構成することによって、複雑な対象を解析し理解する手法である。

渡辺誠氏による「条件と意図」から都市・建築を生成する「誘導都市」の試みは、複雑系としての都市を理解し生成するための、壮大なアナリシス・バイ・シンセシスと言えよう。
そしてさらに「誘導都市」は、「生命システムとは何か?」という深遠な問題へも、多くの示唆を与えてくれるように思う。

 

 

複雑さに潜む合理性を求めて

高安秀樹 (ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー)
                      本書  刊行によせて より

自然の造形と人間の造形を最も端的に区別するのは直線であろう。
人間のつくったものには、直線の断片が含まれることが多いが、自然界の中にまっすぐな部分を見いだすことは非常に難しい。
なぜ、自然は直線ではなく複雑な形状を好むのか?
この基本的な問題は、20世紀最後の30年間における「複雑さ」に関する基礎科学の発展によって、かなり明確にされてきた。端的にいえば、自然の複雑な構造には、どれも非常に合理的な理由があるのである。

まず、自然界の存在は、外界から孤立した世界に留まることはできないことに注目すべきである。
たとえば、直線のような構造が自然の中で極めて不安定であることは容易に想像できる。ほんのわずかでも歪められたり、何かが付着すれば、それだけで純粋な直線の特性を維持できなくなるからだ。
つまり、自然の中には、予期不可能な外乱をいつでも受け入れることができるような寛容さを持ち合わせた構造だけしか存続し得ないのである。

自然界の構造の例として、血管を考えてみよう。よく知られているように、血管は無数の分岐を伴う極めて複雑な構造になっている。心臓から送り出された血液を体中の細胞に短時間の間に送り届け、また、戻すような機能を持つパイ
プラインが血管である。単にこの機能だけを実現するならば、さまざまな構造が考えられよう。
しかし、心臓の拍動のエネルギーや血液の粘性などには物理的な制約がつく。
粘性によるエネルギーのロスを小さくしようとすると、実は、分岐を伴う血管のような形状が最も合理的な解になるのである。

自然の構造は、このようにみな多かれ少なかれ合理的な理由を満たすようにつくられていると考えられている。
おもしろいのは、この合理性は答えをただひとつに決めてしまうほど強力ではないという点である。
答えがひとつではなく、無数にあるおかげで、外乱に応じて答えを変える柔軟さが生まれるのだ。

渡辺誠さんの研究と作品からはまさに、この自然の柔軟な合理性が建築の世界に実践されていると感じられる。
日照を満たすようつくられた孔の空いたチーズのような集合住宅、道のりの節約と道程の楽しさを求めたマスクメロンの網のような道路、などなど。
ある制約を満たすようにプログラムして、あとはランダムにコンピュータによってつくられた構造は、ほとんど自然の造形と変わらないものになるのである。
要求した規則を守ったうえでコンピュータがいわば勝手につくり出す構造には、作者の意図や感覚は直接的には表現されない。しかし、そこに現れる構造は、さまざまな制約を満たし、かつ、ふたつと同じものがないような多様性を持つ。

このようにして生み出された複雑な構造は、建築物に自然の造形と同じような魅力を生み出すのではないだろうか。
そして、その自然さ、の中には、「機能の合理」、が潜んでいるだろう。ランダムのように見える血管の網の目に、機能上の最適設計が隠れているように。

さらに渡辺さんは、「コンピュータが勝手につくる」段階を超えて、ひとの意図や感性を組み込んだプログラムによる建築を実現しつつある。
大江戸線飯田橋駅の「ウエブ フレーム」では、必ず守るべき絶対条件に加えて、設計者の「意思」をプログラムに組み込んでいる。

ところで、人間のつくるものにはなぜ、直線が多く使われてきたのであろうか? 
簡単そうなこの問いに対し、明確に答えるのが意外にも難しい。あらゆる形を直線と円で表現しようとしたユークリッド幾何学からの歴史的な影響であろうか、それとも、部品の形状を揃えることでものづくりに関する手間と思考を節約するためだろうか? 
直線は、もしかすると、単に大量生産の副産物でしかないかもしれない、とすら思えてくる。つくりやすいものを大量につくって、大量に消費する時代。そのとき、製造工程に載せやすい直線が顔を出すからだ。
21世紀の初めに当たる今、コンピュータの発達によって、思考の節約や製造工程の簡略化を導入する必要はなくなってきている。単純化やマニュアル化を全員に強制しなければならない理由は、もはや社会的にも薄れつつあるのだ。みんな同じ、になる必要はなくなってきている。

この際、一度あらゆる先入観を捨て去って、線を1本引くことにもその意義を改めて自らに問うてみてはどうだろうか? 
「誘導都市」は、その嚆矢になるだろう。